ホーム» 商品情報» 研磨マイスター

研磨マイスター(KENMA meister)

kenma_top

 

技も、想いも、超一流。

 

研磨マイスターによる逸品たち。

 

「日本の技術の集積地」と称される新潟県県央地域。
この地域で傑出した技術者に与えられる称号が「にいがた県央マイスター」です。
中でもバフ研磨の達人は「研磨マイスター」と呼ばれ、その腕前は世界に名を轟かせています。
今回ご紹介する商品『KENMAmeister』は、マイスターが長年培ってきた技術、知識、経験を融合した逸品です。
かといって、単に技術力をアピールするだけの商品ではありません。
いかに快適に、楽しく使っていただくかをあらゆる角度から検討。
そして一つひとつ“手仕事”で磨き上げながら、使う人への想いを込めています。
技とは、職人の想いとは何かが使うほどにわかる逸品です。ぜひ、お試しください。

 

にいがた県央マイスターとは… 

 

新潟県県央地域は金属加工を中心に、もの作りの技と知識を600年以上も前から蓄えてきました。
しかし、近年は製造業の海外シフト、高度熟練技能者の高齢化などから技術・技能の空洞化が進み、後継者不足が問題となっていました。
そこで誕生したのが「にいがた県央マイスター制度」です。
もの作りの大切さ、おもしろさ、可能性を、身をもって知る“地域最強の職人たち”を「にいがた県央マイスター」に認定。
マイスターは企業の枠を超えて協力し合い、工業高校やテクノスクールなどで惜しみなくその技を伝えています。
現在では20名以上のマイスターが活躍し、その分野も研磨、鍛冶、溶接、鎚起銅器、桐箪笥など多岐に渡っています。

 

バフ研磨マイスタープロフィール

 

“磨きによる機能性”を追求してきた
研磨界のアイディアマン。

バフ研磨マイスター
古 関 鐵 男

kenma_kosekiパイプの内面を磨かせたら日本一と呼び声の高いマイスター。
曲面のみで構成される内面を手の感覚を頼りに磨くのだが、
流動物がスムーズに流れるようシビアな機能性が求められる。
屈曲金物の軸方向に連続するヘアライン加工をはじめ数え切れないほど技術を開発。
燕研磨工業会会長、日本研磨仕上げ技術士会会長、
磨き屋シンジケートチェアマンを歴任。金属研磨仕上げ単一等級取得。

 

<掲載画像について:肖像権(人格権・財産権)の範囲内につき無断転載厳禁>

シリーズ内カテゴリー

プライバシーポリシーお問い合わせリンクサイトのご利用について