ホーム»よくあるご質問»玉子焼きや目玉焼が焦げ付く。

よくあるご質問

玉子焼きや目玉焼が焦げ付く。

早期の場合、フッ素加工に油が馴染んでいないので、調理初めは火力が強すぎると焦げ付く場合があります。

先に油を軽く塗って頂いて、弱火でスタートし、調理が始まると中火程度で充分ご使用頂けます。

又、一度焦げ付きが発生しますと、焦げ付き癖が付く為にどうしても焦げ付き易くなります。
その場合は、油をフライパンに少し浸る程度に入れて弱火で3~4分ほど温めて下さい。
その後、油を捨ててティッシュなどで拭き洗いして頂くと、焦げ付きを取るのには効果的です。

玉子焼きや目玉焼が焦げ付く。 玉子焼きや目玉焼が焦げ付く。
よくあるご質問トップへ戻る

このページは問題解決に役立ちましたか? ご意見をお聞かせ下さい

ご意見ありがとうございました。

よくあるご質問をキーワードで検索できます

検索例:「鉄 錆び」


問題が解決しない時は

Eメールでのお問い合わせをご利用下さい。

メールでのお問い合わせはこちら

プライバシーポリシーお問い合わせリンクサイトのご利用について