ホーム»よくあるご質問»IHに架からない。

よくあるご質問

IHに架からない。

本体がアルミで底面にステンレス板をはめこんであるタイプの商品は、IH機器との相性が考えられます。

今回の様にお客様からIHに使用できない。スイッチを入れてもすぐに電源が切れるというご指摘を頂く事がございます。今までに報告のあったものは、アルミの材料に底部分にステンレス板を貼りつけている鍋であり、比較的小さいサイズの鍋やフライパン、玉子焼き器になります。
何故このような状態になってしまうのか考えた場合、明確な原因が特定されないのですが、色々な情報を聞いてみると、各電機メーカーのIHの内部センサーの設定が違っており、これが原因らしいと言う事が考えられます。

IHに一番効率よく反応するのが鉄でございます。
それも、出来るだけ底が平坦で、面積も大きいものが良いとされています。
それに対して、底の径の小さいタイプの物や、ステンレス材を埋め込んだタイプの商品は、IHの反応、効率という部分ではその性能が落ちる事は否めず、IHの機種と商品効率、面積の兼ね合いで、まれにご指摘のような不具合報告となる事を推測しております。
ご使用のIHとの微妙な相性というものが原因としか申し上げられない事をお許しください。

このような場合、同じサイズの商品をお選び頂いても、同様の結果となる事が予想されるため、サイズの大きな物をお選び頂くか、ステンレス製のものをお選び頂く事をお勧め致します。

IHに架からない。 IHに架からない。
よくあるご質問トップへ戻る

このページは問題解決に役立ちましたか? ご意見をお聞かせ下さい

ご意見ありがとうございました。

よくあるご質問をキーワードで検索できます

検索例:「鉄 錆び」


問題が解決しない時は

Eメールでのお問い合わせをご利用下さい。

メールでのお問い合わせはこちら

プライバシーポリシーお問い合わせリンクサイトのご利用について