焦げ付いてしまう(セラミック加工フライパン)。

焦げ付いてしまう(セラミック加工フライパン)。

セラミック加工フライパンは熱伝導に優れている為、火加減が強いと直ぐに焦げ付きの原因となる場合があります。

ご使用前に必ず少量の食用油を塗ってから、弱火で予熱し調理を初めて下さい、その後、中火にての調理を行って下さい。

万が一焦げ付きましても、その焦げ付き部分に研磨剤を含まない「メラミンフォーム」の白いスポンジに水を充分含ませ、力を入れずに磨いて頂くと効果的です。

焦げ付いてしまう(セラミック加工フライパン) 焦げ付いてしまう(セラミック加工フライパン)

ご質問をキーワードで検索できます

このページは問題解決に役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました。

問題が解決しない時は

Eメールでのお問い合わせをご利用下さい。

メールでのお問い合わせはこちら