よくあるご質問:「鍋」

Q.台所用洗剤で洗ってもきれいにならないです。
油汚れには、重曹やセスキ炭酸ソーダの使用をお勧めします。
Q.鍋をIHクッキングヒーターで使用すると「ブーン」・「ジー」と言った音がします。
この音は「共振音」・「共鳴音」と呼ばれており、異常ではありませんので安心してお使いください。
Q.内面が虹色に変色してしまいました。
水の中に含まれるイオンや鉄・銅が水の蒸発によって表面に付着して虹色に見せる現象です。比較的新しい状態で起こりやすい現象であり、商品自体が変色(変質)したものではありませんので安心してご使用ください。
Q.IHのプレートがよごれてしまいます。
・プレートに汚れを残さないよう使用後は毎回拭き取ってください。・鍋の底面をキレイにしておくことで余分なよごれの発生を防ぐ事が出来ます。
Q.ガラス蓋が突然割れてしまいました。
ガラス蓋が割れてしまう原因です。1、蓋に直火があたっていた。2、使用直後に水をかけるなど急激な温度変化があった。3、落としたりぶつけたなど外的衝撃を受けた。4、細かなキズがあった。5、熱いIHの上に置いた。
Q.青茶色や白色した付着物が現れてきました。
これは「孔食(こうしょく)」と呼ばれるサビの現象であり、侵食すると陥没して最後には穴があいてしまいます。塩分や水道水に含まれる鉄分・カルシウム・塩素などが付着する事によって引き起こされてしまいます。
Q.調理物をあたためていたら、蓋が吹き飛んでしまいました。
「突沸現象」と呼ばれており味噌の種類や量、火力、内容物などさまざまな条件が重なりあったときに発生する現象です。みそ汁以外にも、カレーやシチュー、牛乳、酒、コーヒーなどでも起きてしまうことがあります。
Q.火にかけたら鍋底が変色しました。
ステンレスが焼けて熱変色している状態です。
Q.蓋のつまみ裏側にサビのような痕があります。
熱変色によるもので、サビではございません。安心してお使いください。
Q.調理中にガラス蓋から「ピシピシ」と音がします。
蓋のガラス部分とふちに巻いてあるステンレスリングの熱膨張率の違いから音が発生する場合があります。リング部分の水蒸気を拭き取りますと音の発生をやわらげることが出来ます。
Q.貼ってあるシールをはがす事ができないです。
・蓋のシールは使用上注意して頂きたい事が書いてあります。はがさないで使用してください(そのため強粘着のりを使用しております)。・鍋本体に貼ってあるラベルは、火にかける前にはがしてから使用してください。
Q.料理をしたら内面が黒くなりました。
食材に含まれているタンニンがステンレスの主成分である鉄と反応して黒く変色したものです。身体に害を及ぼす事はございません。安心してお使いください。
Q.鍋を火にかけていたら薬品のようなくさい臭いがしてきました。
取っ手の付け根部分が変形・変色していないか確認してください。この臭いは調理器具が冷めても異臭が残ってしまう場合が多いです。
Q.ステンレス鍋の焦げ付きを落とすにはどうしたら良いですか?
1、お湯に浸して焦げを柔らかくして取り除く。2、重曹やクエン酸を使用する。3、メラミンスポンジやクリームクレンザーを使用する。4、直射日光にあてて焦げた部分を乾燥させる。※クリームクレンザーを使用する際は、丸めたラップにつけて軽くこすり取ってください(ナイロンスポンジよりも効果的です)。
Q.センサー付きガスコンロの上で鍋が不安定になってしまいます。
温度センサー(SIセンサー)付ガスコンロでは、・コンロ中央部に乗せて温度センサーが確実に沈み込んだ状態を確認してから使用を開始してください。(*1)・片手でおさえ安定した状態で調理してください。(*2)・取っ手とコンロのツメが同じ方向になるように乗せてください。(*3)
Q.鍋の蓋がとれなくなりました。
鍋の中が低圧状態になっているためです。極弱火で加熱してください。加熱する事で鍋内の空気が膨張しますので蓋を簡単にとる事が出来ます。
Q.作った料理の臭いがとれないです。
臭いの強いメニューを作った後は台所用洗剤で洗っただけでは臭いが残ってしまう場合があります。ふっ素樹脂製品は臭いが移りやすく、逆にホーロー製品は臭いが残りにくいと言われております。
Q.鍋のふちにサビが出てきました。(三層鋼製品)
鍋ふちの折り込まれている部分は材料の切り口がありますので鉄サビが発生しやすい場所となります。(*1)
Q.何度拭いても黒い汚れが付いてしまいます。これは何ですか?
2つの事が考えられます。1、ステンレス表面の「酸化被膜」を強く擦ってしまいますと黒く付着する場合がありますが衛生上の問題はありません。2、研磨加工時に残ったステンレス微粒子と考えられます。台所用洗剤でよく洗い流してください。
Q.鍋に油を入れたら火柱が立ち上がりました。
天ぷら・揚げ物料理には使用しないでください。油温が200度以上になりますと発火して火災の危険があります。