ToMayのレシピ

ToMayレシピ

マルチポットで作る、季節野菜を使った春夏秋冬インナービューティーレシピを紹介します。

  • 春野菜のレシピ

  • 夏野菜のレシピ

  • 秋野菜のレシピ

  • 冬野菜のレシピ

血液力UPとろとろ新玉ねぎとツナのスープ

玉ねぎに含まれる硫化アリルは血栓をできにくくしたり、血液循環を良くするのに役立つと言われています。EPAやDHAを豊富に含むツナと合わせて血液サラサラに!

血液サラサラ春野菜のフリット

菜の花に豊富に含まれる葉酸はビタミンB12と協力して赤血球をつくる作用があり、貧血予防におすすめです。春野菜に、ビタミンB12を含むイカをプラスして、血液を元気に!

ビタミンで健やか肌カラフル♪フルーツポテサラ

じゃがいもに含まれるビタミンCは、でんぷんに包まれているため、加熱調理しても壊れにくいのが特徴。じゃがいも、キウイ、オレンジ、それぞれに豊富に含まれるビタミンCで美しい肌を目指しましょう!

日焼け対策冷やしても美味しいラタトゥイユ

トマトのリコピンと茄子のアントシアンの抗酸化作用で紫外線のダメージから肌を守ります。

スタミナ増強なす入りさっぱりチャプチェ

疲労回復、強壮作用があるとされているにんにくをきかせたチャプチェ。ビタミンB1を豊富に含む豚肉と組み合わせると、ビタミンB1の吸収や効果を高めます。

代謝UP夏野菜のキーマーカレー

スパイスたっぷりのカレーは、食欲をそそるだけでなく発汗を促して放熱するため、実は暑気払いにはピッタリです。たっぷりの夏野菜と合わせて暑い季節を乗り切りましょう。

デトックスベーコンチーズのベイクドスイートポテト

食物繊維が豊富なさつまいもと乳酸菌を多く含むチーズの組み合わせ。食物繊維と乳酸菌、ダブルの作用でお腹の中からキレイに!

腸を健やかにささっと!きんぴら風チャーハン

ごぼうには水溶性の食物繊維のイヌリン、不溶性の食物繊維のリグニンやセルロースが含まれ、整腸作用のほか、血糖値の上昇を抑えたり、悪玉コレステロールの排出を抑える作用があります。

おなかすっきり白身魚のきのこあんかけ

カリウムが豊富なチンゲン菜。カリウムは腎臓での老廃物の排出を助けます。水溶性なので、あんかけにして、スープごといただきましょう!

身体ポカポカたっぷりしょうがの雑穀入りサムゲタン風スープ

身体を温める効果があるしょうがをたっぷり使ったサムゲタン風スープ。もち米と比べて、ビタミンやミネラルが豊富に含まれる雑穀を加えて、寒い季節でも朝から元気に活動しましょう。

元気チャージキャロットポタージュリゾット

にんじんには抗酸化作用のあるカロテンが多く含まれます。カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の保護や免疫力の強化作用があります。カロテンは脂溶性のため、油で調理して吸収を高めます。

おなかすっきりブリのみぞれ煮

大根の根の部分にはジアスターゼやカタラーゼ、オキシターゼなどの消化酵素が含まれ、胃腸の働きをアップします。消化酵素は熱に弱いため、すりおろした大根はさっと温める程度に調理するのがおすすめ!

プライバシーポリシーお問い合わせリンクサイトのご利用について