ロップ・タック

ロップ・タック
ロップ・タック

安心・安全・簡単・省エネ。
「減圧鍋」なら、ひと晩寝かせた
あのおいしさが簡単に。

減圧鍋とは?

鍋の中を「減圧」して調理する料理鍋です。鍋に具材と調味料を入れて加熱し、火を止めて放っておくだけ。
鍋の中が真空状態になり、食材にじっくりと味が浸透するので、数十分で何時間も煮込んだのと同じ効果が得られます。

ロップ・タック減圧図解

旨味をぎゅっと閉じ込める密着蓋

蓋は密着構造。さらに蒸気弁が余分な圧力を抜いて鍋の中を定温・定圧に保つため、少量の水分や油での調理が可能です。
野菜など洗ったあとの残った水分で調理できるので、栄養分の流出を最小限に抑え、旨味を逃しません。

余熱(減圧)で調理できる真空効果

ロップ・タックは火を止めてから調理を始めます。それは、加熱を止めたときに内圧が下がる(減圧)ことにより鍋の内部がほぼ真空状態になるためです。内圧が真空状態になると、食材から余分な空気が抜かれ、代わりに味が染み込み、同時に食材が柔らかくなります。
ロップ・タックは、火を使わなくてもコトコト煮るのと同じ効果が出せるかしこくお得なお鍋なのです。

減圧鍋Rop.Tuckの仕組み

ロップ・タックの仕組み

減圧鍋Rop.Tuckのうれしい魅力

【安心・安全】

減圧のため噴出する危険もなく、蒸気弁とロックをしない蓋の構造でさらに安全。ガラス蓋だから中身が確認できて安心です。

【とっても簡単】

お鍋に具材と調味料を入れて加熱し後は火を止めて放っておくだけ。誰でも簡単に使えます。付属のレシピ本で、減圧料理も簡単に!

【味の染み込み良好】

減圧による真空効果で味がじっくり染み込みます。さらに密着蓋で無油・無水調理が可能。栄養を逃さずヘルシーに仕上げます。

【お得でエコ】

加熱時間が短く減圧調理が可能だから、光熱費の節約、CO 2 の排出を抑えます。地球と人とお財布にとっても優しいお鍋です。

減圧鍋Rop.Tuckの使い方

具材と調味料を入れて蓋をします

1.具材と調味料を入れて蓋をします。

沸騰させ、蒸気弁から蒸気が出始めたら、調理に合わせて加熱します

2.沸騰させ、蒸気弁から蒸気が出始めたら、調理に合わせて加熱します。

ロップ・タック

3.火を止めたら減圧開始。数分~10分ほど放置して蓋を外します。

減圧鍋Rop.Tuckの使用できる熱源

ガス・エンクロヒーター・ラジエントヒーター・ハロゲンヒーター・シーズヒーター・電磁調理器
※電子レンジには使用できません。
※お手持ちのガスコンロ・電磁調理器によっては、レシピの加熱・減圧時間は多少前後いたします。

減圧鍋Rop.Tuckの使用例

下ごしらえや煮込むといった調理の時間が大幅に短縮!

調理 さといも

さといもも、丸ごとつるりとむける。

面倒なさといもの皮むきも簡単です。

沸騰 10分
火を止め 10分
調理 シチュー

コトコトシチューもたったの15分で。

煮くずれしにくいので、じゃがいもも溶けず、中まで柔らか。

沸騰 5分
火を止め 10分
調理 カボチャ

カボチャも丸ごと柔らかく。

カボチャのような大ものも、糸で切れる柔らかさに。

沸騰 5分
火を止め 30分

商品ラインナップ