2018年09月06日プレスリリース

「第6回 燕三条工場の祭典」に初出展

「第6回燕三条工場の祭典」に初出展
出展期間:2018 年10 月6日(土)~7日(日)会場:和平フレイズ本社
最新の技術「VR(バーチャル・リアリティ)」を使った展示や
キッチン用品ブランド「enzo」のブランド発表会を実施

「第6回燕三条工場の祭典」に初出展

「食卓からココロ豊かに」をミッションに掲げ、調理用品の企画・開発・販売を行う和平フレイズ株式会社(営業本部:東京都荒川区 代表取締役社長:林田雅彦)は、2018年10月4日(木)~7日(日)に新潟県の燕三条地域で開催される「第6回 燕三条 工場の祭典」に初出展致します。
出展期間中は、最新の技術「VR」を使った展示や、キッチン用品ブランド「enzo(えんぞう)」のブランド発表会を実施致します。

当社は1951年に創業し、60年以上にわたり様々なキッチン用品の企画開発・販売を行ってきました。その中で、工場を持たないファブレスメーカーという立ち位置から、もう一度自分たちが置かれた環境に立ち返り、当社の特徴と燕三条の地域・産業の特徴を最大限に活かしたものづくりができないか考え、今回「enzo」を立ち上げました。

企業の垣根を越えてものづくりに取り組める力と流通力を活かし、「地場産業の番頭になる!」という目標の元、お客様にとって魅力的な商品であることはもちろん、生産者や生産地が見える「人の体温が伝わるものづくり」を実現していきます。

初出展となる今回は、多様性に満ちた燕三条を表現したキッチン用品ブランド「enzo」発表会を通じて、燕三条の現状やこれから、加工技術の大切さ、人と人とが繋がるものづくりを感じて頂ける展示イベントを行います。VRを使った展示では、土日は稼働していない工場の様子を、職人目線で体感することが出来ます。

7日のブランド発表会では、ブランドディレクターでデザイナーの堅田佳一氏を交えた、トークセッションを開催予定です。

当社本社の物流倉庫で開催

当社本社の物流倉庫で開催

当社本社の物流倉庫で開催

当社本社の物流倉庫で開催

VRゴーグルを用意

VRゴーグルを用意

~詳細~

【日時】
10月6日(土)13:00~17:00(展示のみ)
10月7日(日)9:00~16:30
※15:00~16:30新商品発表会を実施(定員50名、フリードリンク有)
【場所】
和平フレイズ本社 物流倉庫B棟内
【詳細】
工場の様子を体感できる、VRゴーグルと職人目線で作業体験できる液晶モニターをご用意。両日とも、燕三条の現状やこれから、加工技術の大切さ、人と人とが繋がるものづくりを感じて頂ける展示イベントを実施。

(1)ご挨拶 (2)新商品発表 (3)ゲストトーク (4)フォトセッション/質疑応答
※プログラムは多少変動する場合がございます。
【料金】
無料
【駐車場】
80台(無料)

【お問い合わせ先】
〒116-0014 東京都荒川区東日暮里6丁目60番10号日暮里駅前中央ビル6FB室
和平フレイズ株式会社
担当: 木戸(キド)
TEL: 03-3805-7534(広報専用ダイヤル)
FAX: 03-5604-7476
E-mail: press@wahei.co.jp


プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは予告なく変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。