よくあるご質問:「フライパン」

Q.本体が変形しました。
2つの事が考えられます。1、火力が強すぎた事。2、急冷状態が起きた事。
Q.ハンドルに緩みが出て、ネジを締めても固定しないです。
2つの事が考えられます。1、ハンドルに水が浸入してネジがサビてしまった事。2、フライパンからはみ出した炎でハンドルが破損してしまった事。
Q.火にかけていたら薬品のようなくさい臭いがしてきました。
取っ手の付け根部分が変形・変色していないか確認してください。この臭いは調理器具が冷めても異臭が残ってしまう場合が多いです。
Q.フライパンがガスコンロの上で不安定になります。
サイズが小さく軽量のフライパンや取っ手が重い玉子焼器などは、温度センサーのバネによって押し上げられ転倒する危険性があります。取っ手を持ち注意して使用してください。
Q.IHを使用するとガス火の時よりも焦げてしまいます。
IHは炎が見えていなくてもガス以上に出力があります。必ず「中火」以下で使用してください。
Q.フライパンをIHクッキングヒーターで使用すると「ブーン」・「ジー」と言った音がします。
この音は「共振音」・「共鳴音」と呼ばれており、異常ではありませんので安心してお使いください。
Q.ふっ素樹脂製品で注意する事を教えてください。
1、空炊きは絶対に行わないでください。2、油は必ず使用してください。3、火力は中火以下で使用してください。4、ふっ素の表面をキズつけないでください。5、熱い状態で冷水をかけないでください。6、内容物を長時間保存しないでください。
Q.ふっ素樹脂はどれくらいの期間使用できますか?
ふっ素樹脂は使用するたびに摩耗や劣化して焦げ付きやはがれてしまいます。消耗品とお考え下さい。使用出来る期間は、使用頻度や状況(火力・食材保存の有無)によって異なってしまいます。
Q.油がフライパンのまわりに流れ落ちて使いにくいです。
フライパンの変形を防ぐために中央部分を内側に盛り上げるように加工しております。ご不便をお掛けしますがフライパンを動かしながらまんべんなく油が行き渡るように使用してください。
Q.ふっ素樹脂がはがれてしまいました。
・出来上がった料理は出来るだけ早く器に移し替えてください。・金属製ヘラOKと表示されている商品でも可能な限りナイロン製や木製の道具をお使い頂く事をお勧めします。
Q.白いブツブツが出てきました。
ふっ素樹脂の中に食品に含まれる塩分などが染み込んでアルミがサビた状態です。
Q.油を引かずに使っても良いですか?
焼き物・炒め物料理を行う場合は、毎回油をうすく引いて調理してください。ふっ素樹脂加工を長持ちさせる事が出来ます。
Q.最初は焦げなかったのにだんだんと焦げ付くようになりました。
ふっ素樹脂には細かな凹凸があり、この凹んだ部分に食材のカスが入り込みますと台所用洗剤ではなかなか落ちないです。この食材のカスが焦げてしまう原因となります。
Q.玉子焼きを焦げ付かないように焼く方法はありますか?
ふっ素樹脂製品でも焦げ付いてしまう場合があります。特に玉子(目玉)焼きや粉もの(焼きそば・餃子・お好み焼きなど)は焦げ付きやすいメニューと言われております。
Q.外側の汚れが落ちないです。どうしたら良いですか?
1.重曹をぬるま湯でペースト状にします。2. 汚れの気になる部分に塗布しラップでパックします(2~3時間が目安ですが気になる場合は時間を延長してください)。3. パックしていたラップで重曹と汚れをやさしくこすり洗い流してください。*アルミの素地(銀色)が露出している製品には行わないでください。黒色に変色してしまいます。
Q.ふっ素樹脂製品の洗い方を教えてください。
一番のポイントとして、急激に冷やす事はしないでください。
Q.はがれてしまったふっ素樹脂を食べてしまいました。
ふっ素樹脂を食べたとしましても身体に吸収される事なく全て排泄されますのでご安心してお使いください。
Q.ふっ素樹脂がはがれてしまいました。修理してもらう事は出来ますか?
大変申し訳ありませんが、ふっ素樹脂の再加工は製品の構造上当社では受け賜わっておりません。
Q.初めて使用する時はどうしたら良いですか? から焼きは必要ですか?
鉄製品には「シリコン塗装」(から焼き不要)か「クリア塗装」(から焼き要)のいづれかを施しております。(パッケージや同梱されている品質表示で確認してください)。
Q.表面の塗装がはがれてきました。
シリコン塗装がはがれた状態です。この塗装はお客様のお手元に届くまでのサビ防止を目的としております。何回か使用すると少しずつはがれ始めます。製品不具合ではありませんので安心してください。
Q.次の日にはサビが出ていてビックリしました。
鉄はステンレスやふっ素樹脂製品と違いとてもサビやすい金属です。使い終わりましたら内容物は保存しないですぐに洗って水気を飛ばしてください。
Q.「油ならし」の方法を教えてください。
「油ならし」とは、鉄の表面に油をなじませ油の薄い膜を作り焦げ付きにくくさせる事です。使い初めは油が十分になじんでいないので「油ならし」をしっかり行う事をお勧めします。
Q.「油返し」の方法を教えてください。
「油返し」とは、鉄製品を上手に使いこなしている人達が調理前に必ず行っており焦付きにくい調理を可能にできるための大切な作業です。
Q.焦げついてしまいます。サビが出てしまいました。元に戻すにはどうしたら良いですか?
鉄はとてもサビやすい金属です。焦げたりもしますがお手入れをすれば何度でも繰り返し使用する事ができます。
Q.どうして焦げ付いてしまうのでしょうか?
鉄製品は使用方法を間違えますと焦げ付いてしまいます。1、「油ならし」が不十分だった。2、調理に使用する食用油が足りていない。3、火力が強すぎた。4、お手入れが不十分のまま放置した。5、洗剤で洗ったままにしていた。6、焦げ付きが残ったままになっていた。
Q.IHに使用するとエラー表示され使用出来ないです。
揚げ物(温度調節)モードで使用した場合はエラー反応となる場合があります。その場合は油の温度に注意して通常の加熱モードで使用してください。
Q.小さな凹みがたくさん出来てしまいました。
これは「孔食(こうしょく)」と呼ばれるサビの現象であり、侵食すると陥没して最後には穴があいてしまいます。塩分や水道水に含まれる鉄分・カルシウム・塩素などが付着する事によって引き起こされてしまいます。
Q.料理が黒くなってしまいました。
食材に含まれているタンニンが鉄と反応して黒く変色したものです。身体に害を及ぼす事はございません。安心してお使いください。
Q.IH対応とあるのに沸騰するまで時間がかかってしまいます。
アルミニウム製の底面にステンレス板を埋め込んである商品は、鉄やステンレス製品と比べた場合熱効率が劣ってしまう場合があります。
Q.IHに使用出来る・使用できないの確認方法はありますか?
2つの方法をお試しください。1、水を少し入れIHに数秒かけてください。2、磁石(冷蔵庫に貼るマグネットシールなど)をなべ底に貼り付けてください。磁石がくっつけばIHで使用可能です。
Q.IHのプレートがよごれてしまいます。
・プレートに汚れを残さないよう使用後は毎回拭き取ってください。・鍋の底面をキレイにしておくことで余分なよごれの発生を防ぐ事が出来ます。
Q.何回か使用したら塗装がはがれてきました。
この塗装はお客様のお手元に届くまでのサビ防止を目的としております。何回か使用しますと塗装は少しずつ剥がれていきます。身体に害を及ぼす事はございません。安心してお使いください。
Q.“IH対応”と書いてある商品は、”ガス火”でも使用できますか?
”ガス火”でも【使用可能】です。