よくあるご質問:「フライパン全般に関するご質問」

Q.本体が変形しました。
2つの事が考えられます。1、火力が強すぎた事。2、急冷状態が起きた事。
Q.ハンドルに緩みが出て、ネジを締めても固定しないです。
2つの事が考えられます。1、ハンドルに水が浸入してネジがサビてしまった事。2、フライパンからはみ出した炎でハンドルが破損してしまった事。
Q.火にかけていたら薬品のようなくさい臭いがしてきました。
取っ手の付け根部分が変形・変色していないか確認してください。この臭いは調理器具が冷めても異臭が残ってしまう場合が多いです。
Q.フライパンがガスコンロの上で不安定になります。
サイズが小さく軽量のフライパンや取っ手が重い玉子焼器などは、温度センサーのバネによって押し上げられ転倒する危険性があります。取っ手を持ち注意して使用してください。
Q.IHを使用するとガス火の時よりも焦げてしまいます。
IHは炎が見えていなくてもガス以上に出力があります。必ず「中火」以下で使用してください。
Q.フライパンをIHクッキングヒーターで使用すると「ブーン」・「ジー」と言った音がします。
この音は「共振音」・「共鳴音」と呼ばれており、異常ではありませんので安心してお使いください。
Q.IHに使用出来る・使用できないの確認方法はありますか?
2つの方法をお試しください。1、水を少し入れIHに数秒かけてください。2、磁石(冷蔵庫に貼るマグネットシールなど)をなべ底に貼り付けてください。磁石がくっつけばIHで使用可能です。
Q.IHのプレートがよごれてしまいます。
・プレートに汚れを残さないよう使用後は毎回拭き取ってください。・鍋の底面をキレイにしておくことで余分なよごれの発生を防ぐ事が出来ます。
Q.“IH対応”と書いてある商品は、”ガス火”でも使用できますか?
”ガス火”でも【使用可能】です。