Q.

IHを使用するとガス火の時よりも焦げてしまいます。

A.

IHは炎が見えていなくてもガス以上に出力があります。必ず「中火」以下で使用してください。

ガスの炎はフライパン全体を包み込むようにして加熱します。これに対してIHはプレートに接した底面だけを発熱させます。
点火と同時に「強」で使用しますと焦げやすくなると共に本体の変形を招いてしまいます。
「弱」から加熱を始め、徐々に「中」にして使用してください。
この「弱」⇒「中」の使い方をする事でフライパンの劣化や変形を防ぐ事が出来ます。
IHを使用するとガス火の時よりも焦げてしまいます。

このページは問題解決に役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました。

ご質問をキーワードで検索できます

問題が解決しない時は

Eメールでのお問い合わせをご利用下さい。

メールでのお問い合わせはこちら