Q.

フライパンがガスコンロの上で不安定になります。

A.

サイズが小さく軽量のフライパンや取っ手が重い玉子焼器などは、温度センサーのバネによって押し上げられ転倒する危険性があります。
取っ手を持ち注意して使用してください。

温度センサー(SIセンサー)付ガスコンロでは、
・コンロ中央部に乗せて温度センサーが確実に沈み込んだ状態を確認してから使用を開始してください(*1)。
・片手でおさえ安定した状態で調理してください(*2)。
・取っ手とコンロのツメが同じ方向になるように乗せてください(*3)。
該当商品のパッケージには下記アイコンを表記しております(*4)。
フライパンがガスコンロの上で不安定になります。

(※1)

フライパンがガスコンロの上で不安定になります。

(※2)

フライパンがガスコンロの上で不安定になります。

(※3)

フライパンがガスコンロの上で不安定になります。

(※4)


このページは問題解決に役立ちましたか?

ご意見ありがとうございました。

ご質問をキーワードで検索できます

問題が解決しない時は

Eメールでのお問い合わせをご利用下さい。

メールでのお問い合わせはこちら