ホーム»家庭用品豆知識»ステンレス製品について

家庭用品豆知識

ステンレス製品について【材質別製品豆知識】

ステンレスとは?

ステンレスは一言でいえば、錆びにくい金属のこと。でもその主成分は鉄であることに変わり有りません。鉄ですので絶対に錆びないという事は有りませんが、 この鉄にクロム(Cr)という金属を加えると鉄に比べ、錆に対して大変強い性質になります。この錆にくい性質が発揮されてくるのはクロムが12%以上添加 されたときです。この錆に対する性質をもっと向上させるためにニッケル(Ni)という金属を加えます。よく耳にする18-8ステンレスというのはクロムを 18%、ニッケルを8%ずつ鉄の中に加えた金属のことです。

ステンレス製品グラフ

このように、クロムやニッケルを多く含んでいるほうが錆びにくくなり、家庭で使う場合丈夫で長持ちする材料ということが出来ます。でも油断は禁物!基本的に は鉄が主成分ですので、お手入れを怠ったり、酸性や塩分の強いものを入れると、やはり錆びてしまいます。使ったらすぐ水でよく洗い、水分をよく拭き取って から、かたずけるように心掛けてください。

なぜクロムが入ると錆びにくくなるのか?

それは、鋼の表面に厚さが1~3/1000000mmという極めて薄いクロムの膜をはるからです。
この薄い膜のことを「不動態化被膜」と言います。この「不動態化被膜」は化学的に極めて安定であり、この膜により内部の金属が腐食されるのを防ぐからです。ステンレスはクロムの量 が多いほど不動態を形成しやすくなり、又、不動態は安定になります。この不動態の形成に最低12%のクロム量 が必要となるのです。ニッケルはこの不動態をもっと形成しやすくする働きをします。このようにクロム、ニッケルの量 が多いほど錆びにくくなるのです。

どんなとき、ステンレスは錆びるの?

先ず第一に、この不動態を壊してしまうようなことをしたときです。酸性や塩分の強いものはこの不動態を破壊してしまいますので、錆びやすくなるのです。又、料理を鍋の中に長時間入れておくことも、その原因となりますし、ケトルを洗わずに何回もお湯を沸かす事も原因になります。
第二は、他からのもらい錆です。例えばステンレスの表面に鉄粉が付着し、その鉄が錆を生じて放置しておいたら下のステンレス自身に錆が誘発されることが有 ります。購入したばかりの鍋やケトルは、製造上付着する鉄粉が多く付いていることが有りますので、御使用前は必ずよく内部を洗うことが大切です。

ステンレス製品のお手入れ方法(鍋・洋食器)

1. 温かい内に台所用中性洗剤とスポンジで洗います。
2. ひどい汚れの時は、粒子の細かいクリームクレンザーで目に沿って、こすり落とします。
3. 良く洗い終わったら良く水気を切り、拭き取る事が大切です。
4. ミラー加工してあるもので、光沢がなくなってしまった時は、やわらかい布に専用の金属磨き剤をつけて磨くと光沢が戻ります。(金属磨き剤はホームセンターなどで販売しています。日本磨料工業株式会社のピカールなどは業界(?)では有名。)


プライバシーポリシーお問い合わせリンクサイトのご利用について