製品豆知識

水筒やタンブラーの洗い方

水筒やタンブラーのお手入れ・長く使うコツ
Q1

毎日のお手入れ方法は?

食器用中性洗剤を使用します。

食器用中性洗剤を使用し、柔らかいスポンジまたはブラシでよく洗います。洗った後は、水気を拭き取って十分に乾燥させてください。清潔に使用するため、使用後はその日のうちにお手入れを行います

注意点

お手入れに食器洗浄機や食器乾燥機を使用しないでください。変形による漏れや保温・保冷不良、塗装や保護シートのはがれ・変色・腐食の原因になります。

Q2

汚れや臭いが気になる!

本体には酸素系漂白剤を入れ、パッキンはつけ置き洗いを行います。

酸素系漂白剤を本体に入れ、キャップを取り付けずに約30分放置し、その後よく洗います。ただし、本体とキャップのつけ置き洗いは隙間から水が浸入し、腐食(サビ)や故障、保温・保冷不良の原因になってしまうので避けてください

パッキンは30分を目安につけ置き洗いが可能です。また、塩素系・酸素系漂白剤が使用できます。

注意点

本体とキャップに塩素系漂白剤は使用しないでください。腐食や故障、保温・保冷不良の原因になります。また、パッキンのつけ置き洗いは、30分を目安に行うことが可能ですが、本体・キャップにはできません。

本体とキャップのつけ置き洗いはNG
パッキンは30分を目安につけ置き洗いが可能
Q3

水筒内部に斑点状の赤サビがある!

水に含まれる鉄分が付着したもので、落とすことができます。

内容器にお湯を入れ、食酢を10%程度加えてキャップを取りつけずに約1時間放置します。その後よく洗ってください。

Q4

水筒内部がザラザラしている!

水に含まれるカルシウム等が付着したもので、落とすことができます。

内容器にお湯を入れ、クエン酸を10%程度加えてキャップを取りつけずに約3時間放置します。その後よく洗ってください。

注意点

食酢やクエン酸等を用いた場合、洗浄時に泡が出ることがあります。内圧が上がってキャップに負荷がかかる為、キャップは必ず外して作業を行ってください。

Q5

炭酸飲料は入れて大丈夫?

キャップが開かなくなったり、飲料が吹き出す原因になります。

炭酸飲料やドライアイスを水筒に入れてキャップを閉めると、内圧が上がります。それにより、キャップが開かなくなる、飲料が吹き出す、キャップが破損する等の原因になります。

Q6

どうすれば長く使えるの?

本体に入れると良くないものがあります。

牛乳・乳製品・果汁等の腐敗しやすいものは、そのまま放置した場合、腐敗や変質の原因になります。また、長く放置すると、飲料物からガスが発生して内圧が上がり、炭酸飲料やドライアイスを入れた場合(Q5参照)と同じ問題が発生します。

お茶の葉や果肉を含む飲料物はキャップの隙間に詰まり、飲料物が漏れる原因になるので、注意が必要です。

さらに注意!

みそ汁・スープ、スポーツ飲料等の塩分を含んだ飲食物を入れた場合は、使用後すぐにお手入れをしてください。カビの発生や、飲食物に含まれる塩分により腐食(サビ)の原因になります。

最新記事

夏野菜のおすすめレシピ
水筒やタンブラーの洗い方
時短調理おすすめ商品
ステンレス製品について
アルミニウム製品について
鉄製品について

この記事の内容に関心を持ちましたか?

ご意見ありがとうございました。