おすすめレシピ紹介

夏バテ対策におすすめのレシピ

夏バテ対策におすすめのレシピ

ジメジメ、ムシムシする日本の夏は疲れやすく、体がだるい・重い・食欲がない・眠れないという不調が起こりがちです。こういった夏に起こりやすい体調不良を総称した呼び名が「夏バテ」です。夏バテに負けずに元気に夏を乗り切るためにおすすめのレシピをご紹介します。

Q1

そもそも夏バテはなぜ起こる?

高温多湿の気候が原因となって起こります。

日本の夏は高温多湿で蒸し暑く体調を崩しやすい環境です。夏バテは高温多湿の環境に体が対応出来なくなってしまう事によって起こります。
以下が夏バテを引き起こす代表的な原因です。

1.室外の暑さと室内のエアコンによる冷えを繰り返すことで、自律神経が乱れている
人間の体温を調節している自律神経は、急激な温度差のある場所を行き来すると混乱してしまいます。気温の高い室外と、エアコンで冷えている室内の出入りを繰り返してしまうと自律神経の働きが弱まり、体温調整が上手くできなりさまざまな不調を招きます。室内温度を低くし過ぎない、エアコンの風に直接当たらないようにするなどの対策がおすすめです。
2.発汗による脱水症状、ミネラル不足
暑い夏は汗を多くかくため、体から水分・ミネラルが失われがちです。その結果体内のミネラルバランスが崩れ、倦怠感を招きます。ミネラルが豊富な飲料でこまめな水分補給をするのがおすすめです。
3.暑さによる体力の消耗
暑さは食欲不振を引き起こします。また暑さで熟睡が妨げられてしまうと、疲れがたまってさまざまな不調の原因となります。有酸素運動、そしてバランスの良い食事を取るのが対策です。
発汗による脱水症状、ミネラル不足
エアコンによる冷えで自律神経が乱れる
Q2

夏バテ対策におすすめの食材は?

たんぱく質、ビタミンB1、クエン酸を含む食材がおすすめです。

暑い夏はついつい食事を麺類などで軽く済ませてしまいがちですが、夏バテをのりきるには生活習慣を整え、十分な休息と栄養を取るのがいちばんです。疲労回復にピッタリな、夏バテ対策におすすめの食材をご紹介します。

1.ビタミンB1を含む食材
ビタミンB1は糖質を分解してエネルギーに変えてくれる働きがあり、麺類などに含まれる糖質と一緒に取ると疲労回復に効果があります。
ビタミンB1が多く含まれる食材

豚肉、うなぎ、ブリ、アユ、玄米、大豆、えのきだけ など

2.たんぱく質を含む食材
たんぱく質は筋肉や内臓、骨など体を作る材料になる栄養素で、スタミナを付けてくれます。また体を温め免疫力を高めてくれます。
たんぱく質が多く含まれる食材

チーズ、ヨーグルト、鶏むね肉、マグロ、カツオ、卵 など

3.クエン酸を含む食材
疲労物質の乳酸を分解して体の疲れを取る働きがあります。
クエン酸が多く含まれる食材

レモン、みかん、酢、梅干し など

4.おすすめの味付け
ピリ辛の味付けは血行を良くし、発汗を促して新陳代謝を盛んにしてくれます。また酸味のある味付けや、塩分を取り過ぎない程度に塩辛くした食材は食欲を増進してくれます。
たんぱく質豊富な卵
ビタミンB1が豊富な豚肉

夏バテ対策におすすめのレシピ

和平フレイズの商品で作る、夏バテ対策におすすめのレシピを紹介します。

豚しゃぶトマト ~はちみつレモンソース~

豚しゃぶトマト ~はちみつレモンソース~

サッパリした味わいで、お肉と野菜をたっぷり摂取できます。豚肉に含まれるB1と玉ねぎに含まれるアリシンを組み合わせることで、糖質を効率よく燃やしエネルギーに変えます。

夏野菜たっぷり!ラタトゥイユ風サンド

夏野菜たっぷり!ラタトゥイユ風サンド

暑さで食欲がないときにおすすめのパーティーメニュー。夏野菜とトマトペーストを挟んでラタトゥイユ風のサンドに仕立てました。フレッシュバジルを加えて、爽やかな夏向けサンドに!

レモンたっぷりフォー

レモンたっぷりフォー

疲労物質がたまるのを防ぐレモンに含まれるクエン酸と、リラックス効果のあるバジルの香りで暑い季節を爽やかに過ごしましょう。

もやしと豚の冷しゃぶ ピリ辛ダレ

もやしと豚の冷しゃぶ ピリ辛ダレ

安くてスタミナ満点、簡単サラダ!豚肉とにんにくを一緒に取る事で疲労回復効果が期待でき、食欲をそそるピリ辛味で暑い夏でも美味しく食べられる一品です。冷麺の上に乗せても美味しいです。

夏野菜のポテトピザ

夏野菜のポテトピザ

色鮮やかでみずみずしい夏野菜で作るメニュー。トマトとじゃがいものコンビはビタミンCの体内活性を高めて、紫外線からのダメージを抑えてくれます。切ったじゃがいもを水に浸さないのが上手く作るこつです。

その他のレシピはこちら▶▶

最新記事

秋のきのこおすすめレシピ
アウトドア料理おすすめ商品
フライパンおすすめ商品
夏バテ対策におすすめのレシピ
お弁当のおかずレシピ
フッ素樹脂加工の特徴・使い方

この記事の内容に関心を持ちましたか?

ご意見ありがとうございました。