おすすめレシピ紹介

夏野菜のおすすめレシピ

夏野菜のおすすめレシピ

夏野菜のトマト・なす・ピーマン。今ではスーパーでいつでも手に入る食材ですが、旬の野菜は美味しく、栄養価も高く、値段も手ごろになります。そこで今回は、旬を迎える夏野菜のおすすめレシピをご紹介します!

トマト

色鮮やかでみずみずしいトマトは、夏野菜の代名詞とも言えます。

トマトの栄養素としては、赤い色素「リコピン」が豊富に含まれています。リコピンには抗酸化作用があり、紫外線から肌を守る効果が期待できます。そのまま食べるよりも、加熱したり、すりつぶすことで体に吸収されやすくなるようです。

夏野菜の代名詞、トマト
夏野菜の代名詞、トマト

トマトは、ずっしりと重い物は糖度が高く、色つやが鮮やかでハリがある物がおすすめです。旬の栄養価が高いトマトを使って、新しいレシピにチャレンジしてみませんか?

1

トマトのおすすめレシピ3選

簡単手作りピザ

簡単手作りピザ

3ステップで調理できる簡単ピザ。魚焼きグリルを活用するので、時短調理が可能です。

豚しゃぶトマト ~はちみつレモンソース~

豚しゃぶトマト ~はちみつレモンソース~

サッパリした味わいで、お肉と野菜をたっぷり摂取できます。豚肉に含まれるB1と玉ねぎに含まれるアリシンを組み合わせることで、糖質を効率よく燃やしエネルギーに変えます。

まるごとトマトのベジスープ

まるごとトマトのベジスープ

トマトの美味しさを味わえるインパクトスープ。パンにもごはんにも合います。

夏野菜レシピをもっと見る▶▶ なす

なすの種類は多く、伝統野菜になっている地域もあるようです。

なすの紫色の皮には、ポリフェノール成分の「ナスニン」が含まれています。ナスニンには、生活習慣病の元になる活性酸素の働きを抑える働きがあります。栄養が皮に多く含まれているため、皮ごとの調理がおすすめです。

夏野菜 なす
夏野菜 なす

ヘタの部分の棘が、触ると痛いくらいしっかりと立っている物が新鮮です。なすは加熱するとうま味成分のグアニル酸が増えるので、熱を加えるレシピがおすすめです。

2

なすのおすすめレシピ3選

なすとツナのトマトソースワンパンパスタ

なすとツナのトマトソースワンパンパスタ

トマトとなすを使った定番メニュー。フライパン1つを火にかけるだけで、簡単に出来上がります。

ツナでマーボー

ツナでマーボー

ひき肉の代わりにツナ缶を使ったマーボー茄子です。揚げない、ヘルシーレシピです。

みょうががアクセント!ナスの味噌汁

みょうががアクセント!ナスの味噌汁

さっぱりとしたみょうがの香りが食欲をそそる暑気払いメニューです。

夏野菜レシピをもっと見る▶▶ ピーマン

緑色をイメージするピーマンですが、赤や黄色のカラーピーマンなど、様々なタイプがあります。

ピーマンは加熱しても壊れにくいビタミンCを多く含んでいます。また、ビタミンCを吸収しやすくするビタミンPや、免疫力を高めるといわれるカロテンも含んでいます。青臭さは加熱すると軽減され、食べやすくなります。

夏野菜 ピーマン
夏野菜 ピーマン

色がきれいで艶があり、持った時に弾力があるものがおすすめです。加熱して食べやすくすることも、生のまま、少しの苦味を楽しむこともできます。

3

ピーマンのおすすめレシピ3選

チキンのチリソース煮

チキンのチリソース煮

人参など根菜類も合い、もも肉を胸肉にするとヘルシーにもなります。

カラフル野菜の揚げ浸し

カラフル野菜の揚げ浸し

紫外線による酸化作用をはねのけるポリフェノール類やカロチノイド、ビタミンCやEなどが多く含まれる夏野菜を食べて、夏の暑さによる脱水や紫外線によるダメージを軽減しましょう。

夏野菜のキーマカレー

夏野菜のキーマカレー

スパイスたっぷりのカレーは、食欲をそそるだけでなく発汗を促して放熱するため、実は暑気払いにはピッタリです。たっぷりの夏野菜と合わせて暑い季節を乗り切りましょう。

4

おすすめ夏野菜レシピ一覧

その他のレシピはこちら▶▶

最新記事

アウトドア料理おすすめ商品
フライパンおすすめ商品
夏バテ対策におすすめのレシピ
お弁当のおかずレシピ
フッ素樹脂加工の特徴・使い方
夏野菜のおすすめレシピ

この記事の内容に関心を持ちましたか?

ご意見ありがとうございました。