レシピ特集

春野菜のおすすめレシピ

春野菜のおすすめレシピ

春野菜の春キャベツ・アスパラ・新玉ねぎについてご紹介。春の野菜は柔らかく、瑞々しいのが特徴です。この季節だけの味わいを食卓に取り入れましょう!春キャベツ・アスパラ・新玉ねぎの、手軽に作れる簡単レシピを中心にご紹介します。

春キャベツ

春のキャベツは巻きがゆるやかで、葉が柔らかなので生食に◎。美肌づくりに効果的なビタミンCの含有量は淡色野菜ではトップクラス。芯にも多く含まれているので、煮込んだりしてできるだけ芯まで食べることもオススメです。また、キャベツから発見されたキャベジン(ビタミンU)は胃粘膜の修復に役立ちます

春キャベツ
春キャベツ

キャベツに含まれるグルタミン酸は記憶力を高めて、やる気をアップする効果も。
選び方としては、緑が鮮やかで、葉に厚みがあるものがオススメです

1

春キャベツのおすすめレシピ3選

キャベツと鶏⾁クリーム煮

キャベツとクリームが相性抜群!鶏肉のうまみが染み込んだ、簡単に作れて美味しいレシピです。キャベツの芯までしっかり使えば栄養価もアップ!

キャベツの巣ごもり卵

忙しい朝にぴったりの簡単メニュー。キャベツの甘みとベーコンの塩味が卵とよく合います。キャベツがしんなりするのでぱくぱく食べられます!卵の固さはお好みに合わせて◎

ビタミンACEで健やか肌!ナッツ入りキャベツサラダ

美肌づくりにかかせないビタミンCを含むキャベツ、ビタミンAを含むにんじん、ビタミンEを含むクルミで健やかな肌を目指します。春キャベツや新玉ねぎなどの野菜を使った、春にぴったりな一皿。

春野菜レシピをもっと見る▶▶
グリーンアスパラ

気温が30℃以上になると、1日で10cmも伸びるアスパラガスは、クセがなく、瑞々しい食感が美味しい野菜です。含まれるアスパラギン酸は、新陳代謝を活発にし、疲労回復やスタミナアップに効果があります。穂先には、血行をよくするポリフェノールの一種、ルチンが多く含まれます

グリーンアスパラ
グリーンアスパラ

アスパラガスは、穂先が締まっていて、茎が太めでまっすぐに伸びたものを選びましょう

2

グリーンアスパラのおすすめレシピ3選

えびとアスパラのバターソース

シンプルでおいしい、シリコンスチーマーで作る簡単レシピです。ぷりぷりのエビの食感と、瑞々しいアスパラが美味しい、朱色と緑の彩りもきれいな一皿。いんげんやホタテを使ったアレンジも◎

焼鳥とグリル野菜のチーズ焼き

いつもの焼鳥をボリュームたっぷりの逸品にアレンジ!焼鳥にじゃがいもやアスパラなどの野菜とチーズをプラス。魚焼きグリルを活用したレシピです。おかずにはもちろん、お酒のおつまみにもオススメです。

ワイン蒸し野菜のミモザサラダ

早春に咲くミモザの花のような、ゆで卵を使った春らしい彩りが映えます。見た目が華やかなので、おもてなしにもぴったり。野菜をたっぷり使った、ヘルシーで彩の良いレシピです。

春野菜レシピをもっと見る▶▶
新玉ねぎ

皮が薄く、瑞々しく柔らかい春の新玉ねぎ。辛みが少ないので、サラダなどに入れて生食するのもオススメです。玉ねぎには抗酸化作用の強いポリフェノール、ケルセチンが含まれています。ケルセチンは心身の緊張をほぐし、血液をサラサラにする効果があり、血栓症や動脈硬化の予防になります

新玉ねぎ
新玉ねぎ

セレンというミネラルも豊富で、老化やガン予防に効果的です。
玉ねぎの選び方としては、ずっしりと重いものがオススメです。

3

新玉ねぎのおすすめレシピ3選

新玉ねぎのグラタン

新玉ねぎの美味しさを存分に味わえる簡単グラタンです。柔らかくて甘く美味しい新玉ねぎをアツアツのグラタンにアレンジ。簡単に作れてしっかり美味しい一品です。

新玉ねぎとベーコンのミルクスープ

玉ねぎに含まれるアリシンは、血液をサラサラにする効果があります。アスパラガスに含まれるルチンは血管を丈夫にする効果があり、冬より春のアスパラガスに多く含まれます。じゃがいもに含まれるビタミンCは、でんぷんに包まれているため加熱に強いです。ルチンは、ビタミンCと同時に摂取すると、効果が高まります。

スモークサーモンのクロックムッシュ

フランス由来のクロックムッシュ。サクサクパンととろけるホワイトソースが美味しい一皿。朝食にもぴったりなサーモンのクロックムッシュです。使うパンを変えるだけで簡単にアレンジできます。

4

おすすめ春野菜レシピ一覧

その他のレシピはこちら▶▶

人気の記事

お弁当作りにおすすめの商品
ひとりごはんおすすめ商品
電子レンジ調理器具おすすめ商品
フライパンの洗い方
春野菜のおすすめレシピ
お弁当のおかずレシピ

この記事の内容に関心を持ちましたか?

ご意見ありがとうございました。