しゃきしゃき棒餃子

  • 調理時間調理時間:約20分
  • エネルギーエネルギー:335kcal
  • 塩分塩分:1.1g
しゃきしゃき棒餃子

もやしなど食感があり、火の通りやすい食材を加えても美味しいです。

材料(2人分)

  • 餃子の皮(大判)…10枚
  • ツナ缶…1缶(約70g)
  • 豆腐(木綿)…100g
  • セロリ…40g
  • キャベツ…30g
  • にんにく…5g
  • しょうが…5g
  • 【A】酒…小さじ2
  • 【A】しょうゆ(濃口)…小さじ2
  • 【A】ごま油…小さじ1
  • 【A】片栗粉…大さじ1
  • 【A】こしょう…少々
  • サラダ油…大さじ1
  • お湯…100cc
  • ごま油…小さじ1

手順

  1. ツナ缶は油をきる。豆腐は水切りをし、手で崩す。セロリの茎は筋を取り粗みじん切りにする。キャベツ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。
  2. ボウルに、ツナ、豆腐、にんにく、しょうが、【A】を入れてよく混ぜたら、セロリとキャベツを加えてさっくりと混ぜ合わせる。
  3. 餃子の皮のまん中に(2)を1/10量、棒状にのせ、片側に水をつけ棒状に巻く。これを10本作る。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、巻き終わりを下にして餃子を並べて、中火で1,2分焼き目がつくまで焼いたら、ひっくり返す。
  5. お湯を加えて水分が蒸発するまで加熱したら、ごま油を回しかけてさらに約1分、焼き目がつくまで焼く。

調理のポイント

  1. タネを巻く際は、なるべく中央にかためておき、きつく巻くことで、焼いている時に具材が崩れにくくなります。
  2. 生で食べられる食材を使用しているので、短い時間で焼きあがります。

調理方法のアドバイス

ツナ缶の塩分によって、加えるしょうゆの量を調整してください。

※エネルギー、塩分は1人分の数値です。

調理に使用した商品はコチラ

燕三 鉄木柄フライパン26cm

燕三 鉄木柄フライパン26cm

【商品の特徴】
  • SGマーク適合商品(IH200V対応)。
  • 早くから鍛冶が行われ、日本一のハウスウェア生産地へと成長した新潟県燕市。そこから道具作りの原点に立ち、先人への感謝と、地域の誇りで生み出された『燕三』シリーズ。
  • 高温に強く、勢いよく炒める、高火力で焼くといったハードな調理に耐えられる鉄製。油なじみがよいので、炒めもの・焼きものに適している。
  • 食材がこぼれにくいように、少し深めに設計した。
  • しっかりお手入れで、末永く使える。
商品紹介を見る Amazonで見る

おすすめレシピ

レシピ「しゃきしゃき棒餃子」をご覧の方におすすめのレシピはこちらです!